コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

このカテゴリーの最新記事3件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抵抗勢力を味方にする方法

ハッキリとした態度で




どんな職場にも不満分子というものは存在します。

簡単に言うと、反抗的な態度の人間ですね。

決まって足を引っ張るような言動をしたり、非協力的だったりします。



たいてい、こういうスタンドプレーをする人は

自分が認められたいという気持ちがとても強いです。


スタンドプレーといっても、

それがプラスの方向に働くのなら何の問題もありません。

しかし人によっては認めてもらうために悪い手段にまで

手を出すこともあります。



こちら側としては、ただ容認すれば他の人にストレスがたまるし、

厳しく当たればなおさら反抗的になりチームワークが崩壊しかねません。


こういう人に対する接し方は難しいですが、

良い方法があるので紹介します。



接し方としては、まずこういう人の主張の中に

採用すべきものがあればそれを採用していくことです。

そして容認できないことに対してはシッカリ理由を告げて

容認しないことですね。




これをちゃんと使い分けていくと態度も少しずつ変わっていきます。

あいまいな態度を取るのが一番ダメですよ。

スポンサーサイト

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/04/11(金) 13:58:34|
  2. 人間関係と心理術

ネガティブな人との接し方

聞き流すが吉




何人かで会話をしていると、

どんな話題にでも途中で水を差す人がいますよね。

こういう人がいると、せっかく楽しい話をしていても

話を続ける気にもなりません。



こういう人を否定主義者と言うらしいですが、

このタイプの人は何かにつけて相手と反対の意見を言います。


ダメだの無理だのが口癖のようになっている人で、

物事を否定的にしかとらえません。



また、マイナスの言葉ばかり聞いているとそばにいる人でさえも

意欲をなくして否定的な、ネガティブな気分になってしまいます。



反論しても輪をかけて否定的な意見しか返ってこない

このタイプの話は聞き流して、自分はポジティブに考えることが大切です。

下手に反論したり、

ポジティブに考えさせようとしても疲れてしまうだけですよ。


このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/09(日) 21:56:52|
  2. 人間関係と心理術

ほめ方のテクニック

容姿はほめない




人は誰しも、人に好かれたい、認められたい、自分の気持ちをわかってもらいたいと

いう欲求を持っています。


自分が高く評価されれば満足するし自信にも繋がりますが、

努力しても認めてもらえなければ意欲を失ってしまいます。

つまり、相手の心を動かすためにはほめることがかなり有効だと言えます。



たとえ他の人が失敗してしまっても

それが努力した結果だったらそれを評価してあげることが大切です。


ただし、ただほめれば良いってわけでもないです。

例えば太っている女性に「健康的ですね」なんていったら相手を

傷つけてしまうことがあります。



ここで重要なポイントは、相手をほめる場合に容姿のことには触れずに

日常の態度や行動をほめることです。


相手の態度や行動の長所を見つけてほめることが大切です。

また、直接ほめるよりも人を通して間接的にほめた方が効果がある場合もあります。

面と向かってほめるのが苦手な人などに対しては有効ですね。


このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/08(土) 13:13:35|
  2. 人間関係と心理術
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。