コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肯定しながら説得する

肯定されれば素直に聞きやすい




人間は誰しも自分のやることなすことに否定的なことを言われたら

気分が悪くなり、やる気もなくなりますね。

これは人を説得するときにも同じです。

相手を否定するような言葉は避けて、

肯定語を上手く使って相手を説得しましょう。




例えば、小学生のときによく見た張り紙に

「廊下は走るな」というものがありますね。

禁止されるとよけいにやりたくなるのが人間の心理というものです。

特に子供は「するな」と言われるとついしたくなってしまう衝動にかられます。

廊下を走るなと言われると走りたくなってしまう子供は多いです。



こういうときに否定語を使わずに肯定語を使うとどういう表現になるでしょうか。

この場合は「廊下は走るな」よりも「廊下はゆっくり歩きましょう」という

表現の方が実は効果があるんですね。


これは一つの例に過ぎず、

あらゆる状況でこういう言い換えが有効であると言えます。



また、いきなり否定すると相手が傷ついてしまう場合もあります。

肯定するということはそういうことを未然に防ぐ役割もあるのです。

スポンサーサイト

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/07(金) 01:18:34|
  2. 説得・交渉のテクニック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。