コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

場にふさわしい話し方とは

TPOをわきまえる




日本語のコミュニケーションは結構難しいんです。

何故かと言うとTPOによって言葉を使い分ける必要があるからなんですね。



例えば親しい友だちが集まるときに敬語を使いまくって堅い表現の

挨拶をしたらどうでしょうか?

なんだこいつは!となるはずです。

あらたまった言い方は相手との間に微妙な距離があるということを

示しているかのように思われてしまいます。

こういう場ではくだけた調子で挨拶したほうが表現としては相応しいですね。



しかし、これが会社、仕事となると話が変わってきます。

職場で上司に向かって「課長、さっき部長が呼んでたよ」なんていったらどうでしょう?

想像したくはありませんが(笑)。

当然ああいうことになってそういうことになります。

言葉遣いがビジネスの場でのルールに反していると悲劇を招いてしまいます。



会社で働くと言うことは、組織の一員になるということで、

行動や話し方にある程度の制限が加えられます。


ビジネスの場では要領良く効果的な意見、発言が要求されますし、

組織の秩序や序列を乱すような行動や話し方は嫌われることになります。

今自分がフォーマルな場にいるのか、インフォーマルな場にいるのかを

適切に判断して言葉遣いを変えていくことが必要ですね。

スポンサーサイト

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/08(土) 08:18:59|
  2. ビジネスの場の話し方

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。