コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

交渉の場でのタブー

これをやってはいけません




ビジネスにおいても、人生においても、成功するための基本は人に好かれることです。

人に好かれない人は営業には向いていないと言えます。

コミュニケーション能力に長けている人は人に好かれる術を知らず知らずのうちに

身につけていることが多いです。

人に好かれるためにも、まずは人から嫌われるやってはいけないタブーというものを

いくつか紹介しましょう。



①嘘をつかない

当たり前といえば当たり前ですが、嘘はいけません。

その場を和ませるためだったり、軽い冗談であれば構いませんが、

ばれたら人間関係が壊れるような嘘はつかないようにしましょう。

信用がなくなれば仕事、交渉どころではありません。



②見え透いたお世辞は言わない

お世辞はときには相手の気持ちを良くするものですが、

これが口癖のようになってくると自然といやみったらしくなってきます。

お世辞でおだてるよりも、誠意のある言葉やむしろちょっとしたアドバイスをして

自分の評価を高めるほうが良いです。



③でしゃばり過ぎない

1対1の場合はともかく、3人以上の複数人が集まっている場では

でしゃばりすぎないほうが良いです。

そして自分の仕事に関係のないことはあまり話さないことですね。

ペラペラしゃべるのは自分を軽薄に見せるだけにしかなりません。

必要以上に関係のないことまで話さず、相手から求められた場合にハッキリと自分の意見を

述べられる人のほうが相手からの評価も高まります。



このほかにもタブーはたくさんありますが、交渉の場で一番大切なのは「信用」です。

なので相手からの信用がなくなるような行為は決してやってはいけません。

相手からの信用が得られれば交渉事はスムーズに進みます。

スポンサーサイト

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/08(土) 08:21:48|
  2. 説得・交渉のルール

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。