コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話す速度を考える

早口は損をする




会議の場やプレゼンテーションなどで多くの人の前で

話す機会がある人も多いと思います。

しかし残念なことに、内容は立派で良いことを言っているのにもかかわらず、

発表、話し方の技術が悪いために訴えかけが弱い場面をよく見かけます。


そのような失敗の多くは話すスピードが速すぎるというものです。



早口になる原因は、大勢の人を前にして緊張してしまうということが考えられます。

また、性格的にせっかちな人なのかもしれませんが、

いずれにしても早口では伝わりにくい部分があります。

話しは聞き手が聞いてくれて初めて成立します。

なので話しては聞き手のことを考えて、

聞き手が一番理解しやすい速度で話をすることが大切になってきます。



早口でも明瞭な話し方であればプラスに働くのですが、

一般的には早口になると発音が不明瞭になり、

何を言っているのか、何を伝えたいのかがわかりにくくなります。

そこで話すときのスピードですが、

大体目安としては一分間に300字程度が良いとされているようです。

なので自分の話すスピードを一度計ってみることをオススメします。



しかしこの目安はあくまでも目安に過ぎないので、

その場によって適切なスピードは変わってきます。

相手が老人だったり、話の内容が難しいときはもう少しスピードを落とす必要が

あるかもしれないし、一対一で話しているときはもっとスピードを早くする必要があります。



いずれにしても話す相手をよくみて相手に応じて話すスピードを考えることが必要です。

話しの主役は聞き手であると言えます。

スポンサーサイト

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/08(土) 13:10:18|
  2. ビジネスの場の話し方

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。