コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

交渉は段階を踏む

相手の気持ちに入り込む




上手く仕事を進めるためには、上司や取引先と交渉することが必要になってきます。

そのためには相手と交渉して説得する力を持たなければなりません。

人前で上手く話せる人は、相手を希望する方向へ

動かす力を身につけていることが多いです。

相手を交渉するにはいくつかのポイントがありますが、

一つ一つ段階を踏んでいくことが大切になってきます。



今回はセールスマンを例にとって書いていきたいとおもいます。

まず一つ目のポイントは、自分からベラベラ話すのではなく

相手に話しをさせる努力をすることです。


たとえそれが断りの第一声だったとしても構いません。

要はどうやってその後の話を進めるかということです。

自分から一方的に話しをしていては相手の真意がなかなかつかめません。

相手からの情報を多く聞いて、相手の状況や事情を知ることによって

上手く話を持っていくことができるようになるんです。



二つ目のポイントは具体的な利益をわかりやすく示すことです。

具体的な数字などを示すと効果的です。



三つ目のポイントは相手の抱いているマイナス面を払拭する努力をすることです。

これもなるべく具体的に相手にわかりやすく伝えることがコツです。



そして四つ目のポイントは人間性を磨くことです。

客から見てみると、そのセールスマンの売り込んでいる商品よりもセールスマンの

印象が強く残ってそのメーカーのイメージと重なりやすいです。

つまりセールスマンのイメージが悪ければたとえどんなに良いメーカーの良い商品

だったとしても悪いイメージが強く残ってしまいます。

売り込みに来ている人間の人間性が相手の心に強く作用するのです。

スポンサーサイト

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/08(土) 13:10:55|
  2. 説得・交渉のテクニック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。