コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピーチのコツ

箇条書きが有効




スピーチをするときは原稿も何も持たずに話すことが理想的ですが、

スピーチの経験があまりない人はそれでは不安だと思います。



そういう人は、要点や項目を箇条書きにしたメモを作ることをオススメします。

箇条書きにされたメモを見て自分の話し言葉にすることができれば

良いスピーチができますよ。



また、文字にするとわかるけど言葉として聞くとわからなくなるものに

同音異義語があります。


聞いている側は字を見ることができないので

どっちの意味の言葉なのかわからなくなることがたまにあるんです。



機会と機械や両親と良心など、音が同じでも意味の違う言葉があります。

この例の言葉は聞くだけでもどっちの意味で言っているのか

聞き手が判断できると思いますが、中にも紛らわしいものもあります。

そういった言葉を使うときは簡単に言葉を補って話すようにするとよく伝わります。



それと話すときに自分にクセがないか確認してみましょう。

語尾に「ね」がついたり話し始めるときに決まって「えー」とかを

クセでつけてしまう人がいますが、

頻繁に出てくると聞き手が耳障りになることもあります。

一度自分のスピーチを録音して客観的に聞いてみるのも良いと思いますよ。

スポンサーサイト

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/08(土) 13:15:24|
  2. 話し方のテクニック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。