コミュニケーション能力向上計画

ビジネスや日常生活で有効な技術を紹介!

このカテゴリーの最新記事3件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話がつかえたら

落ち着いてから




人前で話していると困った状態に陥ることがあります。

事前にある程度対策を採っていても、

ときには思いがけない事態に直面してあわててしまうこともあります。

その中でもここでは話が途中でつかえた場合の

対処法について書きたいと思います。




こんなときは何よりもあわてないことが大切です。

あわててしまうと余計に頭の中が混乱して何を言うべきだったか

思い出すことは困難です。

まず深呼吸をして心を落ち着かせ、間を取りましょう。

その間がプラスに働いて相手の注意をひきつけることができるかもしれません。



それでも何を言うのだったかわからなかったら

少し前に戻して言い直すと言葉が出てくる場合があります。

前の文句を繰り返すと途切れた内容も戻ってくることがあるんですね。



それでもまだ思い出せないときは細部をカットして先へ進みましょう。

要約して結論へ持っていってしまっても問題はありません。

実際にこの状況になったらこんなことできないと思うかもしれませんが、

頭の片隅に入れておくと良いですよ。


このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/05(水) 11:25:40|
  2. 話し方のテクニック

相手の心をつかむ話し方2

声の高さと口の開き




相手を聞く気にさせるコツとして、

やや低い声で話し始めるというものがあります。


人間にはやや低い声で話されていると

思わず聞き耳を立ててしまう性質があります。

その効果を狙ったもので、

相手の関心をひきつける手段として使われることがあります。



また、緊張すると声がうわずってしまいみっともなくなることがあるので、

意識して低い声で話し始めることはそれを抑制することもできます。

落ち着いた態度でいれば相手に好印象を与えることができるでしょう。



もう一つのコツとして、口を大きく開けて話すことがあります。

相手に話しかけるときは意識的に口を大きく開けて話しましょう。

口をあまり開けないで話すと声も小さくなり、

発音も悪くなるので相手に伝わりにくいです。

口を大きく開けて歯切れ良く話すことで相手に心に訴えかける

話し方ができるようになります。




あくまでも話の主役は聞き手です。

聞き手がわかりやすい話し方を心がけることが大切ですね。


このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/05(水) 10:06:07|
  2. 話し方のテクニック

相手の心をつかむ話し方

相手に呼びかける




会話と言うものは当然ですが一人ではできません。

話すことは相手への働きかけであり、

話を聞くかどうかを決めるのは相手なのです。

相手がこちらの話を聞く姿勢でないときはどんな良い話も通じません。



では相手を聞く気にさせる、心をつかむ話し方はどうすればできるのでしょうか。

それにはコツがあるので、皆さんもぜひやって見てください。



会話中に大切なことは相手の名前を呼ぶことです。

人間は誰でも自分の存在を認められたい欲求があります。

また、認め合うことは人間関係をより良いものにすることにもなりますね。

そのためには相手の名前を呼ぶことが効果的です。

「○○さん」と一言つけるだけで、相手が話に耳を傾けてくれるかもしれません。



これは相手のその話題への関心が薄れてきたときにも効果的です。

相手がちょっと興味がなくなってきたなと思ったら

相手の名前を会話中に取り入れるのが良いですよ。



相手が大勢だった場合は、名前ではなく「皆さん」というフレーズが効果的です。

こういうフレーズを投げかけながら話をすると

多くの人が聞いてくれるようになります。


このブログは人気ブログランキング○位です
まさかこんな順位になるなんて・・・
  1. 2008/03/05(水) 09:52:15|
  2. 話し方のテクニック
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。